道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

思えば当然のことのような

headlines.yahoo.co.jp

元記事内より抜粋:

多くの日本企業では採用時点で被雇用者の能力、職務内容と責任、対価が言語化されておらず、「とりあえずやってみろ」の通達のもと、会社側から振られた仕事をこなす――というプロセスを繰り返します。その中で、被雇用者本人の裁量上限を超えた仕事が蓄積されることで、組織的に長時間労働を生み出す土壌が確立されてしまうとも考えられます。

この「言語化されていない」という部分、思えばメチャクチャ適当というか、なし崩し的というか、特に景気が良くない昨今の情勢を鑑みるに、長い目で見ると労使ともにあまり得をしない制度な気がします。

派遣で働いていた折は、時給はもちろんのこと、職務内容や求められるスキルは具体的に向こうから提示されていたし、「使えないとわかるや即契約終了」という厳しい面があった反面、本当にわかりやすくて働きやすかったです。こういう「バシッと明確化」的な動き、日本だとあまり喜ばれないんでしょうか。