道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

あー確かに

jbpress.ismedia.jp

私は社労士受験生時代、二年ほど派遣で働いた経験があり、その折に過去の勤務先と比較しての労働環境のホワイトっぷりにおののいたのですが、その一因として、派遣社員として良い意味(?)で「ドライな扱い」を受けたのも大きいか、と感じています。あくまで雇用契約に基づき、契約書に表記されている業務を粛々とこなし、雇用期間が終了すれば職場から去る立場の存在ゆえか、とにかく労働時間の管理と残業代の支払については、本当にキチンとしていました。

 

なのでその際、「ごちゃごちゃ言わんと、日本の会社員が全員、派遣社員になったらええんや」【日明兄さんの声で】と安直に考えたこともあったのですが、雇用がガンガン流動化すれば、それに近い状況になるってことか。日本の会社って、社員に病的なまでの過剰な帰属意識を強いる傾向がありますゆえ、企業側で柔軟な雇用や解雇が可能な社会になれば、その辺りの問題は改善されるかもしれません。

 

あと、雇用が流動化すれば、「自分に合った仕事」を適宜探しながら社会生活を送れるようにもなるのかも。それは個人的に超魅力的です! 適性が不明のまま同じ仕事をずっとこなすのは勘弁!