道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

「2009年6月13日からの三沢光晴」/長谷川晶一

読みました。

2009年6月13日からの三沢光晴

2009年6月13日からの三沢光晴

三沢が亡くなったのは、ちょうど私が新婚旅行から帰ってきた日だったので、帰宅直後に驚きと失意のどん底に突き落とされ、大変鮮明に覚えております。この本には事故当日の夜の彰俊の様子が細やかに書かれていますが、この部分は読んでいて辛かったです...

しかし、三沢もそうだし橋本なんかもそうなのですが、自分がプヲタになりかけた多感な時期に活躍したレスラーって、故人になってもその感覚が薄いんですよねー。ノアの選手や関係者も、しばらくはそんな感じだったのかなー... そういう意味も含め、三沢の存在感の大きさを再確認できた書籍でした!

ちなみに、少し前のノア内の人間関係も見え隠れするので、その視点でも面白いですよ!