道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

早く帰るには

「業務の効率化」をどう進めるか、という話。

 

適性のある業務であれば、しんどい仕事を嫌々やるよりもストレスは小さいし、効率良く業務を進めるような工夫も自発的にできると思われる

学生の頃から、自身の適性を見極められるような経験をたくさんする。バイトもたくさんすべきだし、学校で雇用のミスマッチを防ぐサポートがあるとなお良い

合わせて、ネームバリュー等でなく、自身の適性に合った職で真価を発揮すべし、というような考え方を定着させる。変な話、世間基準での「ブラック企業」でも、その風土が適している、と考える人もいるわけで

 

一言で言えば、「仕事選びに際して、適性という条件の優位性を高める」という感じになります。我ながら中途半端なので、引き続き考えます!