道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

挫折は大事


就活失敗して良かった

私は就活において「相手の求める人物像を面接で再現する」という能力に割と長けていたので、実は就活でそこまで苦労したり酷い目にあった経験はないのですが、逆に適正のない仕事に就いてから大きく挫折することが多かったですねー。「ああ、自分は営業職は向いてないんだ」と気付いたのは、30歳過ぎてからだったという...

そこで私は、「コミュ力がなくておべっかも使えず、要領も悪い私が世の中で生きていくには、常々勉強し続けて、興味のある分野の専門知識を磨くしかない」と考えたわけです。無論、社労士になったのは他にも色々な動機があったわけですが、苦手な分野の仕事からは死に物狂いで逃げ出す!というモットーは、20代で味わった度重なる挫折経験に根付いたものだ、とは感じます。なので、綺麗事かもしれないけれど、挫折経験を自己分析のための一つの契機にするのは、とても建設的なことだ、と個人的には思います!