道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

早くゆけ 早くゆけ 見失わないうちに辿り着け

"35歳以上婚"は幸せか、試練の始まりか? | 晩婚さんいらっしゃい! | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

今37歳、目下子育て中の私が実感として申し上げますが、子育てに際して「ないと困るもの」は、ゼニより何より、「若さゆえの体力」だと思います。私も今はまだ良いですが、10年経って息子が10歳になったら47歳、もうどこに出しても恥ずかしくない立派なジジイになっているわけで、その時分に勉強や遊び、運動に付き合うとなると体力的にはしんどいだろうなー... 実は最近、ウエイトトレーニングに励んでいるのですが、それは「子育てのための体力作り」が一番の目的だったりします。

それはもちろん、子育てにゼニは大切ですが、ゼニが「頑張れば何とかなる」要素が強いのに対し、加齢による体力の衰えは「頑張ったところでダメになる一方」ですので、その辺を踏まえて各自優先順位を定めるのがよろしいかと。最近は子供の面倒を見るのに体力と時間を削られ、自宅の据え置きPCを立ち上げる時間すらないもんなぁ...

また、「若いうちなら何とかなるファクター」も、結婚生活には多々あると思います。この辺の話もそうかもしれません。↓

「100人に1人は無精子症」。ダイアモンド☆ユカイ氏が語る不妊治療 (1/4)