道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

いつも過渡期は大変

「75歳定年制」で日本はどうなるのか? | 中原圭介の未来予想図 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

定年がどんどん伸びるのは致し方ないし、私もうっかり死んだりしない限り、80歳くらいまでは収入を得ないといけないな、と思っていますが(私の世代だと、公的年金は月に80,000円くらいしか貰えないので、現実問題として生活がヤバい、というのもあります)、これは過渡期が大変だろうなー。私の親(60代前半)なんかがそうなのですが、この世代の人って「60代は引退した老人」という昔の印象を引きずっているせいか、働こうという気概があまり見られないというか... まあ、団塊の世代は特殊な層ですし、あと20年もすれば風潮も変わってくるのかな。60代も後半になったら、テキパキと動いて仕事をこなすこともなくなってくるだろうし、老人の必殺技「空気読めずに周囲を不快に」も炸裂しまくると思うので、徳育も含めた研修の充実をはじめ、一緒に働く人の寛容さも必要でしょうねー。

とにもかくにも、私たちの世代で打てる対策は打っておかないと、日本が消滅しかねないですし、自分の子供の世代に「何故にもっと早く対応しなかったのだ?」と責められるのも辛い。1977年生まれの私は、どう頑張っても何だか死ぬまでずっと貧乏くじ世代のような気がしますし、だったらいっそのこと、次の世代の礎になる覚悟が僕にはあります!【by棚橋】 みんながみんなそうは思っていないと思いますが!!