道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

大口の叩きすぎは良くない

さっき、ネット上でこの検定の広告を発見↓

rockschool of 中高生のための本格的けいおん教室"ライブジャム”

http://www.livejam.co.jp/about/pg271.html

別に、この検定の存在意義等についてどうこう言うつもりはないのですが、この「楽器演奏の技能を可視化する」というのは、メリットもあると思います。

というのも、特にSNS等でバンドのメンバーを募集している人たちは、自分の演奏レベルについては本当に「言った者勝ち」にて、実力を「盛る」傾向があるような気がするのです。

私自身、SNS等で知り合ったバンドマンと実際に合ってスタジオで音を出した折、「あ、あれ? カッティング得意って言ってませんでしたっけ?」的にがっかりした経験があり、それ以来、自己申告での演奏能力については、かなり疑うようになってしまいました。どうも、「社労士に合格できる実力はあるけど、今年の受験は初事情で見送った」、「昔は路上のケンカで鳴らした」的な、確認不可能な武勇伝をのたまう人と同じ匂いを感じてしまうというか...

とはいえ、可視化できないものを可視化してしまうと、それにより心のよりどころを失う人もいる気がするので、そういう人はこの手の検定は受けたがらないかもしれませんねー。個人的には、大口を叩かない、謙虚な人とバンドを組みたいです!