道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

BUCK-TICKはそろそろライブで「TOKYO」を演奏すべき(本文とは関係ありません)

東京はまず、暮らしにくさで世界一だ。 | 境 治

http://www.huffingtonpost.jp/osamu-sakai/post_6955_b_4844237.html

私の学生時代の先輩も、お子さんが生まれたのを契機に「東京よりも地方の方が子育てしやすい」と判断、静岡県に移住してしまいました。加えて、実は私も先ほどまで日帰り出張で地方都市にいたのですが、東京と違って朝の8時台でもラッシュがほとんどなく、移動にストレスを全く感じないのが嬉しかったです(もちろん、自動車文化中心、という背景もあると思いますが)。この程度の混雑なら、子連れでも気兼ねなく外出できるんだろうなー、と感じました。

まあ、東京に人が集まりすぎているのがよろしくないんだとは思います。でも、地方に行くと、逆に閑散っぷりに引くことがあり、恐らくは業として「農家をやる」、「銀行勤務」、「役所勤務」くらいしか大まかな選択肢がないようにも見え、だったら食べるために東京に出るしかないんだろうな、と切なくなってみたり。以前は、「東京生まれの私が東京で生涯を終える覚悟をしているように、田舎産まれの人は田舎のためにそこで就職すべきだ」と考えていた時期もありましたが、それは東京生まれの驕りでした...

何だか話がナイル川のように蛇行してしまいましたが(by副部長)、本文中の「ゆとりがないから、赤ちゃんだけでなく他人と関わる気になれない」という部分には心底同意します。かく言う私も、町でマナーの悪い団塊の世代を見つけてはいちいち腹を立てているので、ゆとりがないことの証左なのかもしれないですねー... 反省。

とはいえ、私にとっての東京はやはり生まれ故郷だし、青春時代を過ごした思い入れのある街でもあるので、住みやすい形で発展していって欲しいと、切に願います。