道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

健介引退

佐々木健介、笑顔の引退会見「今後はスノーボードをやってみたい」 (スポーツナビ) - Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140213-00000002-spnavi-fight

90年代くらいの健介のファイトスタイルって、「しょっぱい」が代名詞になっていましたが、実は私、あまりそう感じたことがないんですよね... 無論、私も当時中学生くらいで、思い出補正も大いにあるとは思うのですが、むしろその頃の試合の方が印象に残っていたりします。

健介の試合で何故か一番思い出深いのは、新日本時代の蝶野・越中・馳・健介vs西村・山本(天山)・金本・小原・橋本の変則イリミネーションマッチですねー。試合のラストで、健介がエプロンにいた橋本に玉砕プランチャを仕掛けるのですが(リングアウトで失格のルールだった)、確か健介がその際に足を骨折してしまい、それがバッチリワープロで中継されていたので、鮮明に覚えています。懐かしいなあ。

 

しかし、健介が今47歳なので、同世代やそれより上の世代のレスラーって、本当に凄いんだな、と心底思います。中西やライガーもそうだし、最近ケーブルテレビで試合を良く見るスティングも元気そうだし、天龍に至っては、47歳の頃に高田とシングルでバチバチやり合ってますし... ちなみに私は今36歳なのですが、天龍が36歳の頃って、まだ天龍革命が始まるか始まらないかの時期なんですよね。リスペクト!