道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

喉が渇いても汚い水は飲むべからず

少し前に読んだ記事なのですが↓

川の水を飲んでいた女と呼ばれ - ハート♥剛毛系

http://salucoro.hatenablog.com/entry/2014/01/26/134917

これ、いわゆるDVにおける「ハネムーン期」にも関連してくると思うのですが、DVを行うようなダメな人と、ブラック企業は似ているなー、と思ってしまいました。

  • ひどい環境に慣れてしまい、自分が被害を受けていることを認識できない
  • 自分が被害を受けても、「それは自分のせいでは?」と、自分に責任を求めてしまう
  • たまに良い対応をされると、「自分は大事にされている」と勘違いしてしまう
  • 「自分がいないとこの人(この会社)はダメになる」、と思い込んでしまう
  • 知らず知らずのうち、身も心もボロボロにされる
  • 身も心もボロボロになってもなお、付き合いをやめないことがある
  • 最悪、命を落とすことも十分有り得る
  • 最終的に、解決のために他者が介入する必要があることもある

他にも共通点は色々とある気がします。確かに、強烈に喉が渇いている折は、川の水でも飲みたくなるかもしれませんが、その汚い水に万が一毒でも入っていたとしたら、サクっと死んでしまうこともあるわけです。仕事や伴侶のことで悩んだら、一度誰かに相談して、第三者の眼で判断してもらうことも大切かもしれません。

かく言う私も、過去のブラック企業での体験談を人に話した際、「良く死なずに今生きてますね。本当に良かった...」と告げられたことがあります。「会社勤めは、これくらいハードなものなのだ」と自分に暗示を掛け、青白い顔で出社していた時期もありましたし、本当に自分ではきちんとした判断ができなくなることってあるんですよねー。