道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

死んだら元も子もない

賃上げよりも、人が死ぬことのない職場環境を - 高橋広和

http://blogos.com/article/78291/

確かに指摘通り! 賃上げは確かにとても嬉しい対応ではあるけれど、それで劣悪な労働環境が放置されて、それこそ労働者が最悪過労死に追い込まれるような環境は、普通に考えておかしいです。「とりあえず、賃金だけ上げとけばいいだろ」と、安直な対応をする経営者も、ちょっとなぁ...

しかしまあ、たかが「労働環境」を論じる折、誇張抜きで「死ぬか死なないか」などという次元に話が飛んでしまうあたり、日本の労働環境はやはり変だと思います。変な話、私が社労士を志したのも、「専門知識を身につけることで、少しでも労働集約的な業務を振られないように」という、自衛的な意味合いも実はありました。健康な若者を半年あまりで過労死に追い込んだ会社もありますし、「多少体調が悪くても、普通に勤めることができる」というくらいの業務量でちょうどいいと思うんですけどねー。今の日本の一般的な会社だと、例えば不慮の病気なんかに罹患した場合、そこで勤続自体ができなくなってしまいますし。