道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

上の世代のツケを何とかせねば

日本人は居酒屋甲子園を批難できるのか?

http://blogos.com/article/78219/

記事内の以下の部分↓

 居酒屋甲子園のグロテスクさは、私たち日本人の労働観や他者に対する寛容性の無さという実体のグロテスクさに他ならない。 

 居酒屋従業員たちも言っていたではないか。「私たちがお客様を幸せにするのだ」と。本来保護されるべき待遇の若者たちが自分の幸せを望むのではなく、他人の幸せを望む。そう叫ばなければ仕事の中で認めてもらえない。そのような社会を作り出したのは、我々日本人に他ならない。 

私は当該の番組を見ていないので、そこは何とも言えないのですが、「日本人の労働観がグロテスク」という点は心底同意ですねー。加えて、そのグロテスクな労働観を作り出した、今現在50~60代の世代の方がそれを自覚していない、というのも最近顕著に感じるところがあって、それも何だかなぁ、と思います。社労士受験生時代から良くチェックしていた、同じ受験生の方のブログがあるのですが(恐らくその方は50代)、先般「若い方は、自分たちの世代のために社会保険料を払ってくれ」という主張をしていて、保険料を払えないくらいの貧困地獄に若者を追い込んだ世代がそういう主張をする点に愕然としていたところです。こういった、上の世代の負の遺産は、我々の世代で少しでも解消しないといけないですね。

 

ちなみに、私が住んでいる亀戸に、件の「居酒屋甲子園」で上位に入賞した、という触れ込みの居酒屋があるのですが、実際に行ったら、特筆すべき点が皆無の普通の店で「?」となったことがあります。実は、店の質とは関係ないのかも。