道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

飛蚊症レーザー手術(術後編)

飛蚊症のレーザー手術から約一ヶ月が経過し、確認かたがたの最後の検診に行ってきました。品川近視クリニックでは、施術前の適合検査→レーザー本番→翌日検診→一週間後検診→一ヶ月後検診、という形で、最低でも5回は病院に足を運ぶことになるようです。

私の場合、とりあえず現時点では異常なしで、これでレーザー一回目の工程は全て終了しました。感じたのは、先生が仰っていたように「一回のレーザーだけで、飛蚊症を100%治療する、という類の治療ではない」ということ。私もレーザー一回で、最終的に飛蚊は半分~7割軽減されましたが、今後も気長に何回かトライしたとしても、安定して継続的に同じ効果が出るとは言えないと思います。なので、「効果は人によりそれぞれゆえ、過剰に期待しすぎないこと」というのも重要なポイントではないかと。副作用のない薬が存在しないのと同様、完璧な治療、というのもこの世には存在しないと思うので、自分の思うような効果が出なかったといって、それを勝手に一般化させてギャーギャー言うのはよろしくないと、個人的には思うわけです。

病気の治療法って、やはり臨床の積み重ねだと思うので、10年後、20年後に、飛蚊症治療がもっと一般的になっていることを心底願います。地味にQOLを極端に下げる症状だと思うので、一般の眼科医に相談したところで、「慣れてください」としか言われない現状、さすがにどうかと... 眼科医の方にも、患者さんのしんどさがどうか伝わりますように。