道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

努力の放棄に他ならない

長時間労働の職場、上司が残業に好印象 内閣府調査:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312210388.html

突発的に発生した業務に、スポットで対応するような場合の残業ならともかく、恒常的に長時間労働が蔓延している職場はちょっとなぁ... 第一、真剣に仕事に取り組んでいたら、10時間も12時間も集中力が続きませんがな。

これは私の持論なのですが、業務を定時で終わらせるためには、優先順位の設定をしたり、常日頃から業務自体の効率化を考えたりする必要があるので、実はけっこうハイレベルな創意工夫が必要になってくると思うのです。長時間残業を許容してしまっている人は、その創意工夫を放棄、つまり、改善するための努力をサクっと放棄しているので、キツい言い方になってしまいますが、私に言わせれば、リアルな怠け者です。

労働時間を物差しに足の引っ張り合いなんかせず、それこそ上司からさっさと帰宅すべきだと思うのですが、50~60代のおじさん連中の労働観の進歩のなさは異常だしなー。早く帰って、家で落語のCDを聴く時間とか、まさに至福の時だと思うのですが。