読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

労働問題

素晴らしい

news.yahoo.co.jp 「みなし残業手当と同じじゃないか」という意見もあるようですが、これはそもそもの目的がそれとは全く異なるので、私は個人的に大歓迎。 「残業をしたら、その分賞与の額を減らして、結果として定時帰り社員の方が年収は高くなる」という…

基本は同意。が、しかし

diamond.jp 元記事の内容は本当にごもっともにて、何故か「目的や成果は二の次、とにかく頑張る姿を見せること」が評価に繋がりがちな日本の人事制度を何とかしなければならない、という点には心底同意です。「勝率はゼロだけど、非効率な練習だけやたらと頑…

その呼称はバンバン・ビガロ以外に認めない

eulabourlaw.cocolog-nifty.com 若い頃に勤務していたメーカーで、部下をいかにメンタル不調に追い込んだかを嬉しそうに話す上司がいたなー。私の経験上、こういうクラッシャー上司をクラッシュするには、「法令などをベースに理詰めで淡々と責め立てる」と…

テロですよテロ

www.asahi.com 「職場がノロで全滅した」などという話を先日聞いたばかりですし、「風邪を押して出社する」というのは周囲に相当の迷惑を及ぼす、という意味からも、家でゆっくり休んだ方がいいと思います。そもそも、体調管理よりも優先されるレベルの大層…

「勝てる土俵」模索中!

best-times.jp 以前、作家の平野啓一郎さんも講演会で「好きなことより、得意なことを仕事にした方が良い」と仰っていましたが、林先生のこの主張もそれとほぼ同様で、私は心底同意します。 そういう意味で、転職が容易になれば「勝てる土俵」の模索も同じく…

4:00に起床することもしばしば

style.nikkei.com 「睡眠優先」には超同意。しかし、かく言う私も「8時間睡眠最高!」とのたまっておきながら、身体はジジイ化が進んでいるのか、最近は5~6時間睡眠で勝手に起床するようになってしまいました… まあ、私の加齢の話はさておき、寝ないと良い…

犯罪ですので

togetter.com この社長、恐らく「効率が悪く、長時間労働でしか成果を出せない人」を前提にサビ残を肯定しているような印象を受けるのですが、その二点ってそもそも別に論じられるべき課題だと思うので、ごっちゃにするのはあまり良くないのでは、と感じまし…

ふむふむ

この記事を読んだのですが↓ togetter.com そんな簡単に事は運ばないとは思うものの、具体的にはどう動くのがいいのかな? 割と興味があるので、社労士の末席を汚す者として、ちょっくら調べてみますかね。

アンチドーピング

biz-journal.jp 記事後段の「残業に逃げるな」という部分には超同意。残業は本当に「成果を出せない人間の逃げ道」ゆえ、若手のうちからそれに依存してしまうと、ダラダラ仕事をこなすのがデフォルトになってしまうので、長期的に見るとスキルがつかない気が…

うーん

blogos.com 日本は良くも悪くも横並び文化ゆえ、会社みたいな組織でその「横並び」を実践しようとすると、早く仕事をこなせる人も周囲の進捗に合わせざるを得ないからなー。「えー、何でみんなもっと早くやらないんですか?」と主張できないしんどさよ…

こなせる?

business.nikkeibp.co.jp 効率化できる業務が多いのは確かかもしれませんが、「全てを一人でこなす」というのは、リスクを考えると個人的にはどうかと思います。 担当者が風邪をひいて不在になったら経費精算もできない、というような状況はデンジャラスです…

私の仕事との距離:1000マイル

toyokeizai.net 元記事後段にもありますが、「仕事と自分に距離を取る」って本当に大事だと思います。自営業等ならともかく、「仕事イコール自分」になってしまうと色々な意味で視野狭窄になるし、逃げ道もなくなってしまうので、特に真面目な方なんかは、過…

トレンド

diamond.jp 記事前段は、何だか「俺も昔はワルだったぜ」的な感じでちょっとアレですが、後段のご主張はごもっともで、「トレンドだから」という理由も、残業削減の立派な大義名分だと思います。 世の中の趨勢に合わせて会社の舵取りをするのも、会社の生き…

「黙ってろ」と叫びそうになったことは数知れず

togetter.com 中でも、「致命的欠陥指摘以外対案無き反対論不可」という施策が本当に素晴らしい! 「否定」でしか自分をアピールできない輩、本当に組織の足を引っ張るだけの存在でしかない、と思います。

は?

bylines.news.yahoo.co.jp これ、そもそも「定時で仕事が終わっていない」という事実は不変ゆえ、それは明らかに会社の采配ミスが要因なのではないかと… 加えて、残業はドーピングのようなものゆえ、そういうデンジャラスな手法で納期遅延等に対応させるのは…

反面教師

www.sankei.com 私も来年40歳になりますので(橋本が亡くなった歳に至るので個人的に感慨深し)、こういうダメなじいさんを反面教師にして、老害と言われないように頑張ろうと思います。公私問わず、最近私の周りで見聞きするトラブルも、高齢の方の錯誤が原…

名案

www.yutorism.jp この労務監査のアイデアは超賛成! というか、こう申し述べると同業者にお叱りを受けるかもしれませんが、「労働環境の向上」という社会的な課題につき、労務の専門家であるはずの社労士が世間的に全然活用されていない!というのは私も何と…

転職が容易だったらなー

anond.hatelabo.jp 気持ちはわからないでもないですが、そのやり方がまかり通ってしまうと、周囲まで長時間労働地獄に引きずり込む可能性が高く、加えて、「深刻な反則をして試合に勝つ」のと同じゆえ、今後も勝つためにずーっと反則をし続ける羽目になり、…

うへー

this.kiji.is ひどいですねこれ。被害者側のコメントは元記事内にありますが、会社側は果たしてどう釈明するのか… いわゆる「やり甲斐搾取」の典型的な例かと思いますが、こういう善意を踏みにじるようなやり方、やはりどうかと思います。詳報を待つ!

あとは「ちょっとした裁縫」とか

yokohama-kannai.hateblo.jp 「副業をするなら何をやろうか」とは、私もちょくちょく妄想しています。とはいえ、平日は帰宅すると疲れ果てていますし、現実的には土日祝日に家庭教師や試験監督、道路工事のバイト(全部学生時代にやっておりました)をするく…

「言い方」って大事

toyokeizai.net 確かに「物は言いよう」、「嘘も方便」というのは、会社においては特に良く感じます。私も若い頃は、その辺りを理解せずに会社で振る舞い、良く上司のヒートを買っていたものです… 「言いよう」のバリエーションを増やしておくと、色々な意味…

そんなに簡単にはもらえないんだにょ(何故かでじこ)

headlines.yahoo.co.jp 施策の目的はともかくとして、これを「助成金」という、微妙に悪用されそうな手法で実施するのは何だかなー、と思います。 そもそも私、「助成金」という仕組みそのものがあまり好きではないといいますか。仕事柄、助成金の相談は比較…

一部同意

keizaijin.hateblo.jp なるほど。つまり、「無能」が減って「有能」が増えれば色々と解決、ということになるかと思いますが、ジョブローテーションが一般的になれば、個々が得意な仕事に就ける可能性もそれだけ高まると思うので、そうすれば自然と「有能」が…

あー確かに

jbpress.ismedia.jp 私は社労士受験生時代、二年ほど派遣で働いた経験があり、その折に過去の勤務先と比較しての労働環境のホワイトっぷりにおののいたのですが、その一因として、派遣社員として良い意味(?)で「ドライな扱い」を受けたのも大きいか、と感…

知らんがな

hamusoku.com 私は帰ります。やることがたくさんありますゆえ。さようなら。

集中集中

nzmoyasystem.hatenablog.com 超同意! 正直、全身全霊で仕事に取り組むと、私など定時はおろか、午前中だけでもヘロヘロになることが多々あります。通勤中に頭の中でToDoを整理しながら優先順位をつけ、15分単位でざっくりとスケジュールに落とし込み、会社…

国名からまず連想するのは「ローラン・ボック」

www.ito-tomohide.com 日本だと、私のように「仕事は嫌いではないが、プライベートはもっと大事!」という人と、「仕事大好き!」という相容れない人が混在して職場を形成しているところがあり、例えるなら「2000年前後のパンヲタとリングスヲタが、本心を隠…

うーん

www3.nhk.or.jp 「月末金曜日」だけとか甘っちょろいこと言ってないで、毎日定時で帰れるようにすれば、それなりに消費も底上げされると思うのですが。「仕事に時間を取られて、平日は他のことが何もできない」という人、相当多いので。

「見えない」のはしんどい

blog.tinect.jp 超同意。ただ、雇われの身である会社員全員に裁量を与えるのは不可能だと思うので、せめて「今やっている作業の目処」を随時提示するべきではないかと。残業を原則禁止にしてしまえば、「定時」がそのまま帰宅の目処の時間になるわけで、めっ…

巻き込むな

www.outward-matrix.com 別に長時間労働そのものを否定はしないけれど、私は「1秒でも早く家に帰りたい」と考えるクチですので、そういう勝手な価値観を押し付けられるのは本当に勘弁。ゾンビじゃないんだから、こちらまでそっちの世界に無理矢理引き込まな…

マルセロ・タイガー的な(懐かしい)

workingnews.blog117.fc2.com 「ドーピングと反則の取り締まりを強化したら、不正をやっている選手が下位に落ちました」ということだと思うので、個人的には良いことだと思います。生産性は、正攻法で上げていきませんと。

効率では追いつかない場合もありますな

通勤中に聴いていた、荻上チキさんのポッドキャスト↓ radiocloud.jp テーマは「過労死」だったのですが、「効率だ何だと言う前に、日本は絶対的な労働量が多い」という主張に同意。日本ってサービスの水準が高い反面、その負荷がそれだけ労働者に露骨に跳ね…

お国柄というか

togetter.com 一昔前のMMAにて、「軽量オーバーしても日本人は試合を受けてくれるから」とのたまい、減量をしてこない外国人選手がいたのを何となく思い出しました… でも、例えば「震災等の緊急時にも暴動が発生しない」とか、日本人の真面目な気質はそうい…

申し訳ない

www.huffingtonpost.jp これ、社労士的には恥ずべきことで、「傭兵が弱くて使えないので、素人である雇い主が鍛錬を重ねて前線に立つようになった」というレベルの話だと思うのです。労働力がどんどん減っている昨今、「社員を潰す」というブラック企業の悪…

内輪向け良くない

gendai.ismedia.jp 元記事にほぼ同意! 特に記事の最後にある「見極めるべきは世間とのギャップ」という部分は、本当にその通りだと思います。世間の目を過剰に気にして超無難になる会社も、それはそれでダメなんだと思いますが、時代の趨勢であったり風潮で…

貧困?

toyokeizai.net この元記事、タイトルに「貧困」とは入っているものの、どちらかと言えば社労士が深く関わるべき「労働問題」である気がします。実際問題、「新卒で入った会社がブラックで体調崩す」→「退職せざるを得なくなる」→「自己評価が低くなる」、と…

待て待て

diamond.jp その「きめ細かな対応」とやらを個別の社員に実施したら、色々な例外処理が必然的に発生して、公平性を欠くことになってしまうような。それもあるから、お上が必死に「とにかく帰れ」という方向に先導しようとしているのではないかな、と思います…

悪質なものは論外ですが

roudou-pro.com 「パワハラなんてけしからん!」と、過剰反応していた時期もあったのですが、最近は「アホにいちいち反応するのも面倒くさい、言わせておけばいいんじゃないか、適当にスルーすればいいんじゃないか」と考えるようになってしまいました。大人…

超支持

headlines.yahoo.co.jp 「これが終わるまで」とか、曖昧な基準を設けて仕事をするからダラダラ残業をするアホが現れるわけで、定量的な「時間」で労働時間をバシっと区切るこのやり方には大賛成です。 20:00を超えると、職場にエルガンが乱入してきて見境な…

ほほう

メモメモ↓ www.asahi.com 情報を収集しつつ、あとでじっくり読んでみます。

私見です

www.eternalcollegest.com Aさん、Bさん、Cさんの例が途中で出てきますが、これってAさんたちの上司の采配がダメダメなだけではないでしょうか。こうやって「残業は致し方ないのだ」と考えてしまうと、その状況が正当だと思い込んでしまうので、ちと危険かな…

ぐむー

courrier.jp こういう会社、国内にはまだまだたくさんあるんでしょうねー… 元記事は海外メディアゆえ、センセーショナルに取り上げてくれて逆にありがたいと言うか、この手の記事は国内のメディアだと、埋もれてしまっている印象を受けます。 しかし、私自身…

おお

www.asahi.com 首相が先導してこういう事を言ってくれるのは価値がある、と思います。あとは、実態が伴うかどうか…

いいから帰れ(ハトよめの声で)

jin115.com いわゆる「生活残業」は、この施策でだいぶ減ってくるのかも。私の知っている人でも、残業代を生活費の充てにしている方がいまして、給与を「時給」じゃなくて「残業も含めた合計」で見るのはちょっと違うだろ、と突っ込んだことがあります。 た…

Psychopath living in your mind

president.jp 仕事柄、色々な社長さんとお会いする機会がありますが、「判断を下す」場面がやはり多い立場ゆえ、そこに感情が入るとメンタル的にしんどいだろうな、と思うことが多いです。経営者にサイコパスが多いというのも、当然のことと言いますか、必然…

だっさ

netgeek.biz 「それまでは恫喝しまくっていたのに、法的措置をちらつかせると途端におとなしくなる」とか、ダメダメパワハラ上司の典型ですなー… 私も20代の頃、けっこう陰湿なパワハラを受けていた時期がありましたが(今思えば、上司だろうが先輩だろうが…

自慢すな

togetter.com 100%真剣に、フルパワーで仕事に打ち込んだ上で月80時間残業したら、私だったら余裕で倒れるか即死する自信があります。というか、「80時間残業が恒常的」とか自慢する輩は、ダラダラ集中せずに仕事をしていることの証左なので(そもそも、集中…

余計なものは削ぎ落とせ

yorozrep.com 「帰社時間17時台」が39%、というのがにわかには信じがたいですが、ハイフライヤーのプロレスラーだって30~40代になれば寝技を多用したり、使う技が減ったりしてくるわけで、体力の落ちる40代、労働時間で押し切るスタイルは改善しないと、そ…

根絶希望

blog.asimino.com 長時間残業によって、健康を著しく害した経験は私もありますし、40歳を前にして体力が落ちてきたから余計に感じるのかもしれませんが、「毎日終電、家に着いたら寝るだけ」みたいな生活、心身ともに絶対悪影響を及ぼすと思います。 なので…

そもそも

nzmoyasystem.hatenablog.com 元記事の内容とはズレるのですが、この手の長時間労働に絡んだ話を聞くたび、法定の8時間労働でヘトヘトになってしまう自分は体力がないのだろうか、と自問自答してしまいます。ぶっちゃけ、100%集中して業務をこなすと、午前中…