道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

労働問題

多いのう

段階的にでも、少しずつ労働関連法規の罰則は厳しくした方がいいような気がします。こう見ると、やっばりちょっと異常ですもんねー...

個人的には悪くない

www.itmedia.co.jp 「まとめて休むのが国際標準」というのは知っていましたが、ただ私のように「平日に不意にプロレスやライブに行きたくなる」、「おもむろにゆっくり健康ランドに行きたくなる」、「発作的にマンガ喫茶で一日潰したくなる」というような変…

私もだ

headlines.yahoo.co.jp 私は以前やや大きめのメーカーに勤務していたのですが、その折は管理職になんか絶対なりたくない!と思っておりまして、その理由は「社内の管理職、全員が全員、とても楽しい人生を送っているように見えなかったから」でした。 そんな…

その方が良い

www.zakzak.co.jp 不祥事続き云々ももちろんありますが、もともと管掌する幅がメチャメチャ広すぎましたからねぇ... 職員の負担減、という目的もあるのかも。レッツ効率化!

笑いそうになりました

ikinuki2ch.blog.jp 「告発4」の内容がツボにハマりました。それは...ハラスメントなのか? もしそれがハラスメントと認められるのであれば、e-Govの電子申請の使いにくさたるや嫌がらせの域を超越し【以下、社労士の末席を汚す者として一応自粛】

え?

労基法にそんな規定ありましたっけ?

ごもっとも

headlines.yahoo.co.jp 元記事から抜粋: 最初に勤めた会社は裁量労働制。一応の定時はあるけれど、出勤時間も退社時間も自由な会社でした。小説の中では吾妻徹のように、なんとなくずっと会社にいて、ダラダラとした働き方をしていました。 ただ、当時の私…

誤解しがちなのかも

www.bengo4.com うーん、ただ肌感覚的に有給休暇のもろもろの要件を誤解している人って少なくない気がしておりまして、発生の起算日を「雇入れ日」ではなく「バイトから正社員に転換した日」で運用している会社を何度か見かけたことがあります... 労使がお互…

ほう

こういうサービスが商売として成立するあたり、日本の労働慣行のおかしさを物語っているというか。確かに、退職に関連する諸々って面倒過ぎるんですよねー...

きたか

www.asahi.com ようやく取り上げられるようになりましたか。個人的に、働き方改革関連法の中で凄まじく攻撃力が高いと感じているのがこれで、年間で有休を5日取得していない社員がいた場合、それがそのまま労基法違反、MAXで未取得の社員数✕30万円の罰金刑に…

そもそもこの2つって相反するのでは

diamond.jp 元記事内、下記の部分: 広く伝わる「日本人の勤勉さ」は、不変の性質でも、DNAに強固に刻み込まれているものでもなさそうです。歴史的推移と、実際の長時間労働によって育まれてきたものであり、それらの「原因」ではありません。むしろ、そ…

ふむふむ

元記事は創作かもしれませんが、特に労働周りでの理不尽な人の中には「法的根拠をベースにした専門家の措置」に異常に弱い人が一定数いて、さざなみのかねの音を聞いたハイドラ状態になる人も少なくないので(※実体験に基づく印象)、最後のウェポンとして自…

言われてどうこうなるものではないですわな

min-ten.com このご時世ですし、「なくてもOK、あったらラッキー」程度の捉え方でいいんじゃないですかね? あと、やりがいは自発的なもの、という元記事の主張には心底同意。宗教なんかも同じで、自発的信仰が必要なものを「勧誘」しちゃうというのはそもそ…

孤独感はありましたが

www.itmedia.co.jp この手の「集団主義」や「同調圧力」に関連する記事を読むにつけ、多感な学生の頃にマイナーな趣味に没頭しておいて良かったのかも、と感じます。多数が所属する集団から敢えて抜けてみる、という経験を社会人になってから初めて経験する…

あっ

eulabourlaw.cocolog-nifty.com 働き方改革関連法案の成立によって、どんな層が損をするのか...と考えると割と自明といいますか。こういう本音の部分での討論も聞いてみたい気もしますが、まあ無理でしょうねー... ちなみに、改めて法案を読み込んでみると、…

んー

style.nikkei.com 「加害者を泳がせて、証拠を集める期間」を「3ヶ月」と設定するのはいかがでしょうか。3ヶ月経過した時がオマエの最後だ...【ハトよめの声で】

ザ・逆行

www.rodo.co.jp すげぇなオイ。つまりは「以前のように残業をさせてくれ、そして残業代をよこせ」という主張だと思うので、今の御時世に対してまさに逆行。無論、その他にも色々な事情があることも想定できますが、個人的には何だかなー、と感じるわけです。

少なくとも私は快適に働けていました

www.businessinsider.jp 私もリアルではなかなか言えないけれど、この元記事の通りというか、「何だか悲惨」という一括りで語られがちな「派遣」という就労形態を望んで就業している人も少なからずいるんですよねー。少なくとも私は、派遣で働いていた当時は…

損する人も多いんだろうなあ

axia.co.jp 元記事内、下記の部分: 一方で高プロに反対している人の中には、おそらく成果で評価されたら困る人も含まれていると思われます。これまでダラダラ働いて残業代を稼いでいたような人達は、「時間ではなく成果」の評価にシフトされたら死活問題と…

過去の遺物になりますよう

日本企業は「体育会系」大好き、日本社会は「運動部カルト」 週刊プレイボーイ連載(339) – 橘玲 公式BLOG 例のアメフトの一件以来、こういう人材に対しての評価が下がりまくっているような印象も受けますので、次あたりの世代ではこの層は絶滅しているよう…

私も同じような感じ

note.mu 私も新卒の折から「長時間労働」と「付き合い残業」の二つがどうしても我慢できず、こんな効率の悪い働き方はダメだろオイ、という怒りにも似た思考と、勉強をして知識を得るという過程がそれほど苦でない、という性質がスパークし、気づけば今では…

高いですよね

www.yutorism.jp 私も社労士を生業にしているものの、「社保が労使折半である合理的理由」って、確かに淀みなく説明できないもんなー... 元記事の通り、「会社負担分を給与上乗せ→全額従業員負担」にすれば、折半前の恐ろしい社保の額が把握でき、合わせて社…

転職って面倒だからなー

anond.hatelabo.jp そこで雇用の流動化ですよ。解雇規制の緩和などで、ブラック企業にまず人が集まらないようにし、合わせてダメな労働者が然るべき待遇を受けるようにする必要がある、と思います。 何だかんだで、日本はまだまだ転職に相当なパワーを要する…

確かに変な制度ではある

www.itmedia.co.jp 元記事の内容に100%同意できない部分はあるものの、残業代という概念はやはり理不尽というか、結果的にチンタラ長時間会社にいた人ほど得をする、というのはおかしい、と私も常々感じておりました。時間給からの脱却に、建設的な議論がど…

は?

www.news24.jp 批判する意味がわからないし、これを批判するのであれば働き過ぎの礼賛に直結しそうで、個人的には何だかイヤンな感じです。 しかし、本当に安倍さんも大変だ...

うわああああ

axia.co.jp 私が以前に所属していた会社の社長、寸分違わず元記事の用件に該当する方だったなー... 今回のアメフトの騒動もそうですが、アレな人がトップにいる組織は末端が地獄を見るので、状況によっては見限ってエスケープするのも大事、と感じました!

同情の余地なし

news.livedoor.com こういう方たちのせいで、残業を是とするアホみたいな文化が続いて来たわけですので、掛ける言葉はただ一つです。ザ、ザマ【自粛】

派遣社員時代、旗日の多い月は平日に疲弊した思い出

blog.btrax.com 「1」と「4」は超同意だなー。「解雇」という言葉自体が日本だとマイナスの極地ですが、解雇が普通にできるようになれば、労働力の確保のために必然的に採用も簡単にできるようになるわけで、「あ、自分に合わないかも」と感じた職場から、比…

何だかなー

newswitch.jp 何というか、個人的に一番の論点は「このご時世、法令で時間給制を謳っているのはどうなのよ」という部分かと思っているので、そこ以外の箇所ばかりクローズアップされたり、揚げ足を取られたりしている状況、正直何だかなー、と思うわけです。…

自営業ならともかく

blog.btrax.com 元記事の主張はよーくわかりますし、実際にメリットもたくさんあると感じますが、私は「CSI:マイアミ」のカリーと同じく、仕事上の知り合いとはそれ以外では会いたくない、と感じる人間ですので(確か劇中でカリーがそう主張する場面があった…