読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

だから野球は嫌いなんだ!

プロレス・格闘技

rocketnews24.com

遅い時間の放送だったのでリアルタイムで見れず、まさかこの歳になって野球の放送時間延長を恨むことになるとは思いませんでしたが(私が野球嫌いな原因の最たるものがこれ。学生時代、野球により深夜放送のビデオ予約を失敗させられた恨みは一生忘れません。野球が衰退するよう、今後も夜な夜な呪いを掛け続けようと思います)、視聴率も悪くなかったようで、何よりです! 

というか、元記事にもある通り、プヲタ全員を納得させるランキングなんて、スパコンを1万台準備しても制定は無理なので、割と妥当と思えるこの順位を一旦支持。内藤がランク外なのは超意外でしたが!

13:00以降はほぼ惰性

労働問題

next.rikunabi.com

元記事での意味とは少し違うと思いますが、私も「ロケットスタート」は大事にしていて、まだ集中力が残っている朝のうちに大半の仕事は片づけるようにしています。というか、どうせ午後に入ったら集中力なんてほとんどキープできないし、その方が単純に効率的だからです。

 

あと、昔から私はめっさ臆病なので、「仕事は締切の一営業日前までに終わらせておかないと寝付きが悪くなる」という傾向もあるゆえ、それがサクサク仕事をこなす動機になったりもしています。締切ギリギリまで動かずとも大丈夫な、頑強なメンタルに憧れます…

真っ先に浮かんだのは

雑記

twitter.com

シャイニング・ゴッド・ハンズです。

私はコンマ1秒でも早く帰りたい

労働問題

next.rikunabi.com

うおおお、全面的に超同意!! 私も元記事内にある、「仕事以外に大事なものがない」という人につき、その状態で何故に大丈夫なのか、素で心配になってしまうクチです。私もああだこうだ言いつつ、割と仕事を熱心にこなすこともあったりするのですが【ごく稀に】、それでも他の大事なものを削ってまで、仕事に充てようなんて微塵も思わないですからねー…

 

私もそれこそドイツ人ではないけれど、早く帰りたいのに仕事が山積みの折は、7:00頃に出社して、本気出した新開隼人みたいな形相をしつつ、誰とも口をきかずに仕事に集中するようにしております。そうやって自分を追い込みつつ、時間でのゴールを設定すれば、割と予定通りに処理が終わったりするので、「定時に帰ろうとする必死さ」、時短の実現には重要なファクターではないかな、と感じます。

残業が常態化している会社でも、「定時までに仕事が終わったらガッキーと握手できる」というルールを策定したら、けっこうみんなビシっと仕事するんじゃないかしら?

効率的なツールではない気はします

雑記 労働問題

style.nikkei.com

 電話絡みで何が不愉快かって、メールの文章を手早く取りまとめるスキルがない輩が、「やっぱり直接話さないとダメだよな〜」等としたり顔で言うあたりですかねー。自身のスキルの低さをごまかすなよ、と。

 

ビジネスの一般的なやり取りだったら、「電話でないとダメ」というシチュエーションがどれだけあるのか、って話です。それでも電話に固執する人がもしいたら、文章をうまく書けない気の毒な人である可能性も高いので、私は納豆が発酵するレベルの生温かい視線を送るようにしています。

 

そんなわけで【どんなわけだ】、マグロを食べよう。

f:id:mrbd0510:20170309181405j:image

「社労士になった動機=ブラック企業への私怨」という人間もいるわけで

プロレス・格闘技

www.nikkei.com

元記事内、「委託先は社会保険労務士を想定」という部分を読んで、「どうせブラック社労士が企業側に立って、うまいこと収めるんでしょ」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、本気で「国内の労働環境を改善したい!」と心底願っている社労士も実は存在し、私もその一人だったりするゆえ、密かにニヤニヤ笑みを浮かべていたりします。暴力団事務所に突入する組対よろしく、鈴木軍を引き連れてブラック企業に突入して是正を指導してみたい…【良くわからない願望で正直スマン】

 

ここまで社労士の業務の幅が広がれば、志望するヤングライオンも増えそうですし、今後の動きを注視してみようと思います。

楽しみ

プロレス・格闘技

届け、この愛! 「FIRE PRO WRESTLING WORLD」松本朋幸氏インタビュー - GAME Watch

デフォルトレスラーはあまりおらず、エディットに重きを置いた仕様になっているとのこと、「選手の仮名のセンスの良さ」も個人的にファイプロの醍醐味の一つだと思っていたので(「スマッシャー・ガンガン・ギガス」とか、秀逸だと思います)、そこはちと残念ですが、それでもめっさ楽しみです!