道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

何とか

8/11分のG1のチケットが確保できました。「武道館で観戦」というのも本当に久々のシチュエーションですので、それも含めて楽しみです。

というか私、武道館で新日本を観戦するのも何気に初めてかも。スカイダイビングJは見に行きましたが、純粋な新日の興行ではなかったしなー...

少なくとも私は快適に働けていました

www.businessinsider.jp

私もリアルではなかなか言えないけれど、この元記事の通りというか、「何だか悲惨」という一括りで語られがちな「派遣」という就労形態を望んで就業している人も少なからずいるんですよねー。少なくとも私は、派遣で働いていた当時は社労士試験に向けての勉強時間を捻出するのが再優先事項でしたので、業務内容や就業時間につき、契約書通りに働くことができたというのは本当にありがたかったです。

 

逆に今の御時世、正社員であることのリスクも少なからずあると思いますし、各労働形態のメリットについてもメディアなんかがしっかり伝えて欲しい、と本当に切に願います!!

ミスターデンジャー

久々に、本当に久々に「ミスターデンジャー」に行ってきました! 迷わずステーキ450gを注文! わー!

f:id:mrbd0510:20180617171143j:plain

今日は朝から胸トレの日だったのですが、その疲労も一瞬で雲散霧消! このステーキをいつでも食べに行けるというのは、亀戸住まいのアドバンテージの一つかもしれません。ありがたや。

くどいようですが「ハリケーンズ・バム」は名曲

私、着るものには無頓着で、Tシャツなども妻が買ってきてくれたものをそのまま着用しているのですが、このTシャツ↓

shop.njpw.co.jp

これは猛烈に欲しい! 特に、バックプリントのデザインが秀逸だと思います。闘魂ショップに走らねば。

 

ちなみにもう30年近く前ですが、マシンが加入する前のブロンド・アウトローズが入場時に「ハリケーンズ・バム」を使っていた覚えがあるのですが、これって私の記憶違いですかね? ちなみに対戦カードは馳・佐野・小林vsヒロ・保永・後藤でした!

いやいやいやいや

blog.livedoor.jp

須藤元気クラスであっても、通り魔に怪我を負わされたという事実。刃物とはそういうものですので、何がどうあってもまず逃げるのは大正解だと思います。

逆に言えば、こういう有事に遭遇した場合、催涙スプレーやら防弾チョッキやらで普段から武装していても無傷で逃げられる保証はない、ということ。困ったものです。

んー

anond.hatelabo.jp

10代の頃に40kgの減量を経験し(110kg→70kg)、最近はフィジーク大会出場のためにそこから更に59kg、体脂肪3%まで絞った私から言わせていただくと、確固たる目的がないのに漠然と痩せようとするのは極めてキツい、というのが個人的な見解です。

 

私なぞ、きっちりと先生について身長や体重、年齢から体作りに必要な栄養素や食事メニューを割り出し、あとはそれに沿って実施するだけ...という状況に自分を追い込み、かつ大会というリミット付の目標を設定したにもかかわらず、週一回くらいで押し寄せる食欲の恐ろしいパワーに何度負けたことか!

 

割とストイックにこなす方(たぶん)の私でもこの体たらくなので、一般の人は尚更でしょう。せめてできることとすれば、常にトレーニングを欠かさずに代謝を良くして、いつでも痩せられる体制を作っておくこと、くらいですかねぇ...

損する人も多いんだろうなあ

axia.co.jp

元記事内、下記の部分:

一方で高プロに反対している人の中には、おそらく成果で評価されたら困る人も含まれていると思われます。これまでダラダラ働いて残業代を稼いでいたような人達は、「時間ではなく成果」の評価にシフトされたら死活問題となります。

解雇規制の緩和や雇用の流動化にも同じことが言えますが、組織や会社にぶら下がってるだけのザコ既得権を有する人は、そりゃあ反対しますよねぇ... でも、既得権なんざに頼らずとも、学習や頑張りがいつでもそのまま評価に直結する仕組みは健康的だ!と私も思います。