道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

ホープ軒

減量期間が終わったら行こう!とかなり以前から決めていた、千駄ヶ谷の「ホープ軒」に行ってきました。24時間営業なので、始業前にフラっと立ち寄れるのはありがたいのですが、社労士としては店員さんの労務環境が気になってみたり...

 

目下、バルクアップ期の名を借りた暴飲暴食期ですので、ここはバシっと大盛りを注文。カウンターに置かれたネギが乗せ放題なのも嬉しいです:

f:id:mrbd0510:20180426075217j:plain

「背脂こってり」で超有名な一品ですが、前述のトッピングのネギの瑞々しさもあってか、体感的なギトギトさは本当に皆無。大盛りにもかかわらず、ペロリとたいらげてしまいました...

美味しいラーメンをいつでも食べられる幸せ。暴飲暴食期はさほど長くは設けないつもりですので、このハピネスを噛み締めようと思います!

自営業ならともかく

blog.btrax.com

元記事の主張はよーくわかりますし、実際にメリットもたくさんあると感じますが、私は「CSI:マイアミ」のカリーと同じく、仕事上の知り合いとはそれ以外では会いたくない、と感じる人間ですので(確か劇中でカリーがそう主張する場面があった)、この働き方はちょっとイヤかなー...

それゆえ、接待で仕事上の関係者と休みの日にゴルフ等に行けてしまう方を本当にリスペクト。私は出張で遠方に行った折等も、仕事以外のことがあまりできない性分だったりしますし、きっと損な性格なんでしょうねぇ...

痛快!

axia.co.jp

いやー、私の前職の嗜虐的溝色サイコパス社長に読ませたい記事だ...

元記事内、「自分でやろうと思わない限りはやる気など出てこない」とありますが、諦観にも見えるもののそれは真理にて、それを踏まえて「社員のやる気を奪うようなことはしない」というスタンスにサクっと転換した米村さん、本当に素晴らしいと思うのです。本当に、「やる気出せ」と曖昧なことを言うだけなら、誰にでもできますしねー...

逡巡する時間がもったいないような

「少しでも興味を持てる対象があるなら、とりあえず可能な範囲で掘り下げる」というのが小学生時代からの私のスタンスゆえ、別に何かを始めるのに年齢で制限する必要なんてないんじゃないか、と思うわけです。

私見ですが、ギターとかベースなら初期投資もさほどなく、余裕で一人でも始められますし、凝り性の人でなくても楽しいので超オススメです! まずはBUCK-TICKの「キャンディ」あたりからコピーを!!

ぬの~

f:id:mrbd0510:20180422110718j:plain
f:id:mrbd0510:20180422111801j:plain
ぬの~
f:id:mrbd0510:20180422112758j:plain
f:id:mrbd0510:20180422113439j:plain
ぬの~

満足しました!(@オッティモイタリア 錦糸町

何とか

8位に入賞することができました。やったー!

f:id:mrbd0510:20180421204104j:plain

これで、「マッチョ社労士」を名乗ってもバチは当たらないですかねー。明日からは心機一転、バルクアップに励みます!

せっかく流行っているのですし

shogi.zukeran.org

超同意だなー。私も四間飛車を覚えたくて書籍を買ったのですが、「こう指してこう進むと実はこれは悪手。2ページ前のこの分岐点ではこう進めるべきだった」等と書かれているとチンプンカンプンになり、「こう進めて先手良し」という表記を見て「何が"良し"じゃあ!!」と絶叫したくなったこともしばしばです...

なので、将棋は書籍よりも、視覚的に覚えたり局面を簡単に戻せたりできるスマホアプリで勉強するのが効率的だ!と感じるのですが、有償であってもそういうアプリってなかなかないんですよねー。需要はあると思うのですが...

 

余談ですが、「将棋フォーカス」の今春からの講座「佐藤紳哉のエンジョイ将棋」、猛烈にわかり易くて秀逸です。録画して毎週見てます!