道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

わかりますその気持ち

gwgw.hatenablog.com

プロレスにおける技名の間違い、頑張ればスルーもできますが、確かにけっこう気になりますよねー。

個人的には、実況等で呼称される真壁のノーザンライトスープレックス、あれはダブルリストアームサルトではないか、と常々思っております。あと、ローリングバッククラッチとジャパニーズレッグロールクラッチの混同も、地味に気になります!

は?(怒)

headlines.yahoo.co.jp

えーっと、サービス残業って言葉はご存じですかね?

思えば当然のことのような

headlines.yahoo.co.jp

元記事内より抜粋:

多くの日本企業では採用時点で被雇用者の能力、職務内容と責任、対価が言語化されておらず、「とりあえずやってみろ」の通達のもと、会社側から振られた仕事をこなす――というプロセスを繰り返します。その中で、被雇用者本人の裁量上限を超えた仕事が蓄積されることで、組織的に長時間労働を生み出す土壌が確立されてしまうとも考えられます。

この「言語化されていない」という部分、思えばメチャクチャ適当というか、なし崩し的というか、特に景気が良くない昨今の情勢を鑑みるに、長い目で見ると労使ともにあまり得をしない制度な気がします。

派遣で働いていた折は、時給はもちろんのこと、職務内容や求められるスキルは具体的に向こうから提示されていたし、「使えないとわかるや即契約終了」という厳しい面があった反面、本当にわかりやすくて働きやすかったです。こういう「バシッと明確化」的な動き、日本だとあまり喜ばれないんでしょうか。

議論の余地なし

www.gurum.biz

どう考えてもつぶあんでしょうが!! 食感が違いますし、私は汁粉も断然「田舎汁粉」派です。そして妻がこしあん派のため、この議論になりますと、ケージ中央でフットワークを止めての殴り合いに発展することもしばしばです。

見に行かない明確な理由はないものの

nikkan-spa.jp

W-1、正直に申し上げて、どうも会場に行こうという気にならないんですよね... 選手の求心力やら試合のクオリティ云々やらではなく、武藤が全日をサクっと辞めた折の肩透かし感が今でも私に残っているのが原因かと思われます!

そうは言われましても

headlines.yahoo.co.jp

元記事の労組側の主張も理解はできるのですが、「働き方改革」が「労働者の選別」という旨、ある意味当然のことなのかな、と私は思ってしまいます。

つまりは、「決まった時間で業務を終えられる人と、そうでない人」というように、今後は処理能力の差がますます物を言うようになるわけで、「業務が遅いので残業でカバーします」的な処理はできなくなり、自らのスキルを上げるか、スキルを有効活用できる職場への転職を余儀なくされる形になるのかな、と。

 

やっぱり、雇用をある程度流動化させて、個々のスキルを発揮して残業せずとも業務をこなせる職場への転職の機会を多くしつつ、残業で稼がないと生活がままならなくなってしまう給与しか出せない企業を淘汰していく(転職が容易になれば、そういう企業には人が集まらなくなると思うので)のがベターなのかな、と思います。「残業の正当化」はダメ、ゼッタイ!!

難しいですが

たぶんですが、本当にいい仕事をしたレスラーは、傍目からはそう見えることもないのかな、と思ったりしております。