道祖神のふるさと

下町大好き。ふるさとにかえりたい。

論点を見据えて

niryuu.hatenablog.com

note.mu

裁量労働制について、建設的な論調の記事を連続で見つけて思わず雄叫びをあげそうになりました!

今はどうも「裁量労働制」自体が絶対悪、みたいな感じになっていますが、じゃあどうすればそれを健全に運用できるか、を議論すべきで、例えばそれは労働法違反の厳罰化だったり、雇用の流動化だったりと色々あるわけですが、ひいてはそれらも引っくるめて悪しき時間給制度からの脱却に繋がるわけだし、結果的に全体的な労働環境も良くなると思うわけです。データが間違っているなら、正しいデータを元に再議論すればいいのに...

 

ちなみに、裁量労働も企業側に労働時間の把握義務はあるし、この騒動のせいで色々な意味で注目を浴びたゆえ、今後はまともに制度を運用していない会社はどんどん炙り出されるような気がします。

そして、私の実務での経験上、裁量労働を導入しているののに労使トラブルが全く見られない会社は、やはり給与水準が大変高い傾向がありました。金の切れ目が縁の切れ目!

ちゃんとせい

news.tbs.co.jp

何というか、色々な意味で実にお粗末といいますか、そもそもの論点って「時間給制度一辺倒という悪しき風習からの脱却」だったはずで、どんどんそこからズレて行っている気がするのは私だけでしょうか。チンタラ仕事をしている人ほど給与が高くなるとか、冬木も裸足で逃げ出すほどの理不尽さでしょうに...

 

厚労省のデータがアレだったことは間違いなくダメダメですが、野党もそこばかりに突っ込みを入れるのではなく、例えば兼業の是非であったり、派遣法改正の実務面での施策であったり、そういう現実的な部分に切り込んで欲しいのです。もっと生産的な議論を!!

若い頃は眠れたのですが

www.bengo4.com

私、どうも移動中の電車の中で眠るのが苦手でして、出張の折などでも爆睡する上司の横で、普通にPCを開いて仕事をしていたりしました。私の知り合いでも、出張を「いつでも好きなようにサボれる」と認識している方もいますし、この辺は個人の性格にも依存するのかもなー。

ちなみに私、飛行機もあまり得意ではないので、もうしばらく出張は結構です...

ムーンサルトよりもローリングソバットが好きだった

headlines.yahoo.co.jp

数年前ですが、武藤の身内の葬儀の折、正座ができずに一人だけイスに座っていた写真を見て、相当キツいんだな...と感じてはおりました。手術が無事に成功しますように。

 

でも、こう言うとアレですが、ムーンサルトはあくまで武藤を構成する要素の一つなわけで、既に立ち振る舞いだけで金が取れるレベルですし、武藤なら手術後も普通に試合はこなせそうな気もします。ちなみに、SANADAのSkull Endって、オリジナルは武藤ですよね?(IWGPタッグ選手権でワイルド・サモアンに決めたやつ)

持ち味をイかせッ(byオーガ)

president.jp

元記事は「訴訟リスク」がベースの論調になっていますが、部下の性格も含め、適材適所で仕事を振ることは、訴訟云々以前に業務効率、つまりは会社の業績にも直結するわけで、それができない管理職は今後あらゆる面でダメになってくるんでしょうねー。

人の能力や得意分野を見極める目も必要なわけで、なかなか大変だとは思いますが、確かにU系のレスラーにルチャをやらせるのもおかしな話ですもんね...

ブラックは感染するからなー

maname.hatenablog.com

本当に元記事のご主張通り! 先般、お客さんと打ち合わせをしていた折、「金曜日の晩に"月曜の朝までに仕上げろ"と発注してくる顧客がいる」と聞いて唖然としたのですが、そういう横暴な会社がどうかガンガン減りますように。